創作ビスクドール|鋳込み作業完了

先日完成したビスクドールのモールド(石膏型)に、ポーセレンスリップ(液状の磁器土)を流し込み、型取りをしました。
其々のモールドにポーセレンスリップを流し込み、しばらく時間を置き、適当な厚みになったら排泥、を繰り返します。スリップを流し込んだ石膏の型は、更に重さが増しけっこうな力仕事になるので、粘土の原型から、モールドの大きさを考慮して制作します。
焼成後にひび割れや気泡が出てしまう場合があるのでスペアを用意し、必要なパーツの倍数の型取りをしました。
型取りしたグリーンウェアは、バリを取り除き、気泡がないかチェックし、表面を出来るだけきれいに磨き、自然乾燥させていきます。
完全に乾燥したら、いよいよソフトファイアリング(素焼き)へ。
2017.7.16