創作ビスクドール|ソフトファイアリング

型取りしたグリーンウェアが完全に乾燥したので、パーツを窯入れし、ソフトファイアリング(素焼き)していきます。
ソフトファイアすることにより強度が増し、ビスクファイアリング(本焼き)前の、表面の磨きや細部の造形などの、最終的な仕上げ作業がしやすくなります。
自作の焼成プログラムに沿って、焼成温度を700℃まで上げ、約5時間焼成していきます。
2017.7.18