創作人形と創作小物アンクレールのブログ

Uncreerの創作日記や人形に関するいろいろを綴っています。

布花│タンポポの綿毛

布花│タンポポの綿毛

ずっと作りたかった憧れのタンポポの綿毛を一本ずつ、時間を見つけては少しづつ作っています。 大好きな藤縄晴江先生の布花のお教室展に参加させて頂いた時に、展示していた生徒さんの作ったタンポポの綿毛がとても可愛らしくて、ずっと作りたいと思っていました。 そのタンポポの綿毛は一本づつ、布の繊維から作らており、気の遠くなる作業だ...
布を染めて作ったイチョウとカエデのブローチ

布を染めて作ったイチョウとカエデのブローチ

あっという間に9月になりました。お人形の制作も予定よりずいぶん時間が掛かっており、、納品も遅れてしまい大変申し訳ない気持ちです。。 良い作品を作りたくて、今回は失敗してはやり直しが続いて、手こずっています。早く完成させなければという気持ちと、妥協しては良いものが出来ないという気持ちが入り混じり、焦るばかりです。 でも焦...
創作ビスクドール│絵付け作業完了

創作ビスクドール│絵付け作業完了

ビスク焼成したパーツに、陶芸用の絵の具を使い絵付けをし、何度も焼成を繰り返し、絵付け作業がやっと完了しました。 焼成温度は730℃まで上げて約4時間ほどの焼成です。窯の温度が下がるまでの時間があるので、急いでも一日一回の絵付け焼成が限界です。。 絵の具は粉状のものを使用し、オイルを混ぜて練りこんだものを専用の筆を使って...
布花│シロツメクサのコサージュ

布花│シロツメクサのコサージュ

シロツメクサのコサージュができました。絹とサテンの布を染めて、シロツメクサの花びらやクローバーの葉をそれぞれカットし、そのあとに更に染色し、花びらや葉の一枚一枚にコテをあてて作りました。クローバーの葉の模様も一枚づつ描いています。 シロツメクサの花の色や、クローバーの葉の色も少しづつ変化をつけて、3種類のコサージュを作...
Uncreer~アンクレール~布花のコサージュなど、吉祥寺のKASAGI様へ納品

Uncreer~アンクレール~布花のコサージュなど、吉祥寺のKASAGI様へ納品

素敵なご縁をいただき、Uncreer~アンクレール~の作品、創作ビスクドール、布花のコサージュ、ぬいぐるみなど、KASAGI様にて取り扱い頂くことになりました。 KASAGI様は、繊細なレースのブラウスやコサージュなど作家もののオリジナル商品をメインに取り扱っている、吉祥寺中道通りのセレクトショップです。 本日は、手染...
創作ビスクドール|ビスクファイアリング完了

創作ビスクドール|ビスクファイアリング完了

ビスクファイアリング(本焼き)と仕上げの磨き作業完了。 型からの抜きがよくなかったのか?失敗したパーツ一つだけ焼き直しをして、、。いつもよりかなり時間がかかっていますが漸くここまで出来ました。 窯で1200℃まで6.5時間の焼成プログラムに調整、1200℃まで上がり窯内の温度が下がるまで24時間以上かかります。 焼きあ...
創作ビスクドール|磨き作業完了

創作ビスクドール|磨き作業完了

ソフトファイアしたパーツの磨き作業がようやく完了。 磨きの際に気泡が表れてしまったり、ひび割れを起こしてしまったものがあり、失敗してしまったパーツをもう一度鋳込み作業からやり直して、、。 細心の注意を払い鋳込みしたはずが・・とほんとうにがっかりしますが、でもここは手を抜けないので、もう一度!ひとつひとつの小さな積み重ね...
創作ビスクドール|ソフトファイアリング

創作ビスクドール|ソフトファイアリング

型取りしたグリーンウェアが完全に乾燥したので、パーツを窯入れし、ソフトファイアリング(素焼き)していきます。 ソフトファイアすることにより強度が増し、ビスクファイアリング(本焼き)前の、表面の磨きや細部の造形などの、最終的な仕上げ作業がしやすくなります。 自作の焼成プログラムに沿って、焼成温度を700℃まで上げ、約5時...
創作ビスクドール|鋳込み作業完了

創作ビスクドール|鋳込み作業完了

先日完成したビスクドールのモールド(石膏型)に、ポーセレンスリップ(液状の磁器土)を流し込み、型取りをしました。 其々のモールドにポーセレンスリップを流し込み、しばらく時間を置き、適当な厚みになったら排泥、を繰り返します。スリップを流し込んだ石膏の型は、更に重さが増しけっこうな力仕事になるので、粘土の原型から、モールド...